チェルママの、のんびり手帳

riediary.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 03日

川越市立博物館 新河岸川舟運...

チェル散歩をしていますと 川越市の掲示板があちらこちらに立っていて
いつも チェルシーと一緒に (?) 博物館の企画展ポスターを眺めております. 
“ 舟運ねぇ...今度 行こぅ” と思っていましたら ついに昨日 雨 風に負けた 川沿いのポスターが
吹き飛ばされたょぅで...画鋲のみになっていました.
e0298782_13274789.jpg
そして 今日も雨... 午前中 川越市立博物館へ行って観て参りました.

話は反れますが 以前 息子に 観た方がイイ と勧められた【龍馬伝】
その中で 一人二役した草刈民代さんの宿の女将役.
船で来る客を 威勢良くテキパキと もてなしている役柄に憧れ
いつも とろとろのんびりしている自分の前世は 草刈さん的な船問屋の女将だったらイイなぁ...
などと ちょっぴり笑い話で思ってみていました.
その後 [川越 みえる]でみて (視て?) いただいたら 憧れとは全く相違した前世でした @.@;

1638年の川越大火で仙波東照社の消失がきっかけで その再建資材の輸送路として
江戸と川越を新河岸川を利用して舟運が始まった とぃぅことだそうです.
そう命じたのは 徳川家光で 川越喜多院の “ 家光誕生の間 ” もまた 新河岸川を利用して
江戸城から運ばれて来たとのこと.

1853年のペリー黒船来航...もちろん あの【龍馬伝】でも 藩や町人たちの慌てる様がありましたが
川越藩でも船持ちの船頭たちは お台場で黒船の警戒を命じられた と.
ちょうど つい先日 テレビで ロバート・キャンベルさんが水上散策で目黒川を渡って
「あそこに ペリー来航の時 迎え撃つ為に作られた石垣が残っている」と
紹介されていました. 
e0298782_14184928.jpg
あれ? これでしょうか? キャンベルさんがテレビで言っていたのは...?
川越藩が警戒を命じられていた場所...?...

また 江戸時代 武士の正装 登城の際に着る 裃 の展示品.
着物講義で学んだとおり 武士の裃 江戸小紋の鮫文様.
江戸時代の裃を こんなに近くで見たのは初めてでした.
近くで見ないと わからない極小の良さなので『なるほど なるほど〜』と (...軽いですが)
なんだか年月の超越した裃に感激でした.

e0298782_1438598.jpg

e0298782_14393572.jpg
解説本を購入しましたら クリアファイル (左) の粗品が付きました.

1914年東上線が開通され 鉄道中心の輸送と時代が変わり
1931年通船停止令が出され 新河岸川舟運 約300年の歴史が終わった...
舟運歴史の中では 川越町人と船問屋と運賃の争いもあったり
船頭さんが着た印半纏 や 帳場格子 を見れば 勝手に 今の時代劇とオーバーラップさせてみたり...
現代人の私をワクワク想像させる展示企画でした.

番外編 川越城二の丸跡地 博物館敷地内に再現されています...
e0298782_157763.jpg
【霧吹きの井戸】 川越城七不思議のひとつ.

by rie0412h | 2013-04-03 13:20 | 日々 | Comments(0)


<< Seniors' ha...      朝 夕 に... >>