チェルママの、のんびり手帳

riediary.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 24日

義父 と 私 の 日記...

庭 の お榊 を 写しま し た ...   神葬祭 で は お焼香 は なく この お榊  (玉串) を 奉 納 しま す 。。。

e0298782_62253.jpg


... そうだ   奥 に 写っている あの ヒヨドリ も 好んだ 垣根 の 椿 を つくばい に 挿して あげま しょ う 。
  
e0298782_6222133.jpg


春分 の 日   多く の みなさま が 家 に いら し た  けれ ど ... 不思議

その後  忙しい 気持ち は ひとつ も なく 不思議 に も ゆっくり と した 感覚 の 時 間 ...  
... それは 私 だけ の 思い違い で は なく 夫 も 息子 も 娘 も み な おなじ 気持ち の よう でし た 。


庭 に 出て いつも の とうり 盆栽 や 山野草 など 草花 の 様子 を 見て 散歩 して 笑って 空 を 仰ぎ  鳥 を 見て 。


... ひとつ 屋根 の 下  和室 から は テレビ の 音  本来 の わが家 の 日常 に 戻った 安堵感 の よう 。。。



『 メシ は まだ かー !! 』 の 声 が 私 の 胸 に  聞こえ ま す 。。。  

e0298782_6223875.jpg


by rie0412h | 2015-03-24 09:27 | 日々 | Comments(12)
Commented by runa_yuzu_love at 2015-03-24 11:58
お義父様のことお悔やみ申し上げます
寂しくなりましたね
これからは2人で仲良く見守っててくれますね


Commented by ei5184 at 2015-03-24 12:25
お義父様、謹んでご冥福をお祈りいたします。
一杯の思い出で包まれます事でしょう・・・
Commented by budoudana-de at 2015-03-24 21:34
天寿を全うされ、穏やかにあちらの世界へ旅立たれたのですね。
心の中で蘇る、故人のお元気だったころの声も盆栽に鋏を入れるお姿と鋏の音も懐かしく響いてくることでしょう。
ご家族に看取られて幸せな最期でしたでしょう。
チェルママさんもご立派にお勤めを果たされたことは大きな財産と誇りに繋がるものと存じます。
ご苦労様でした。
Commented by kaorunchoko at 2015-03-24 21:44
ご家族の皆様に見守られて旅立たれたお義父様
随分先に逝かれていた、お義母様と一緒にこれからは
皆さんを見守って下さることでしょうね。
お義父様のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
Commented by majyokko megu at 2015-03-25 04:16 x
 お義父様 お悔やみ申し上げます。在りし日の何気ない会話が走馬灯のようにめぐり巡って想い出されると思います。お義父様の面倒を良くみてあげましたね。寂しくなりますがお義父様の魂は盆栽に残ってますわよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-03-25 14:21
こんにちは

お義父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあけます。

盆栽に沢山の思い出を残し、旅立たれたんですね。
寂しくなるでしょうが、元気に頑張って下さい。
Commented by rie0412h at 2015-03-26 16:32
*るなりんさま
こんにちは 
ご丁寧に どうも ありがとうございました 。
ここに 嫁いでから 約28年 ずっと ひとつ屋根の下 でしたので 淋しいです 。 ケンカ も しました 。
先 に 御霊さま に なった お義母さん と
今頃 ホッと している所 でしょうか ... 。
Commented by rie0412h at 2015-03-26 16:35
*eiさま
どうも ありがとうございます 。
大晦日も 元旦 も 関係なく 盆栽 を いじって居る様子 は
最近 やっと その気持ち が わかるように なりました 。
Commented by rie0412h at 2015-03-26 16:40
*茜さま
とても 嬉しい お言葉 を 頂戴 し 有り難く 思います 。
嫁いで 約 28年 盆栽 を している姿、 そして 、
具合悪く 寝ている 姿  それしか 見たことが ないくらい です 。
具合 を 悪くして 約8年近く は 特に 時間 を 共有 できたと
思います 。途中 良く ケンカ も しました 。
最後 は 私 の ほうが 義父 の 心細い 気持ち を
気付いてあげられませんでした 。
それが 私 に とって 無念 です 。
Commented by rie0412h at 2015-03-26 16:45
*kaorunchokoさま
優しい お言葉 を どうも ありがとうございます 。
先ほど 盆栽会 の 方々 と 会い
少し 気持ち を 入れ替えて 暗くなるのは
やめよう と 思えて きました 。
暗く 悲しい ブログ に なって しまって
申し訳 ありませんでした 。
Commented by rie0412h at 2015-03-26 16:50
*meguさま
ご丁寧な お言葉 を 頂戴 いたしまして
どうも ありがとうございます 。
口数 少ない 義父 でしたが 特徴ある 口ぶり が
忘れられません 。
私 の 友に グチ ったりした 私 が
一番 みっともなかったな と 後悔 しています 。
本当に 四季 を 通じて 春 の 芽吹き 夏 の 忍耐 秋 の 美しさ 立ち枯れ の 冬 の 姿 どれも これも 有り難みある 自然 の 姿 を 教えて もらえた気が します 。
Commented by rie0412h at 2015-03-26 16:55
*旅プラスさま
こんにちは
ご丁寧 に どうも ありがとうございます 。
ここに 嫁ぎ 約 28年 そのうち 約 三分 の 一 の 8年間 は
特に 共有 できた 心に残る 年月 でした 。
以前 は 盆栽 を いじる姿 しか 見たことの ないほど
明け暮れて いました 。旅行も行かず ... 。
暗くなるのは もう やめますね 。


<< いつ だって ...      ユスラウメ ... >>